FX

スイス・フラン
以前は、戦争などの際には米ドルが買われる傾向がありました。しかし 2001 年の米国同時多発テロによって米ドルの信頼性が薄れ、有事の際にはスイス・フランが買われる傾向にあります。
 
最狭水準スプレッド配信率99.3%以上!
USD/JPY 0.3銭以下99.32%以上、EUR/JPY 0.7銭99.35%以上、GBR/JPY 1.2銭99.36%以上、AUD/JPY 0.8銭99.34%以上、EUR/USD 0.6pips99.33%以上、
 
店頭外国為替証拠金取引では、レバレッジ効果により取引金額が必要証拠金より大きくなります。相場が予想に反した場合には大きな損失となり、その損失額は預託証拠金を上回る恐れがあります。
 
取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。また、当社・カバー先の信用状況の悪化等で元本損失が生じることがあります。